はまやねんのダイエットの方法は?17kg痩せたのはなぜ?ワンダーカレッジの企画とは?

かつてラッスンゴレライというリズムネタで大人気になった8.6秒バズーカのはまやねんがダイエットで17kgも痩せたと話題になりました。

そんなはまやねんのダイエット方法が気になりますよね。

そんなわけで、「はまやねんのダイエットの方法は?!17kg痩せたのはなぜ?」はまやねんがしていたダイエット方法を調査してい見ました。

目次

はまやねんのダイエットの方法は?!

ワンダーカレッジの企画でダイエットしたそうですよ。

はまやねんのダイエット方法は専属トレーナーによるダイエットだったようです。

ワンダーカレッジで一緒にやっているNaokiさんの後輩のキヨツグさんという方がトレーナーとなり一緒にダイエットを決行。

はまやねんのダイエット方法でわかっていることは

  • 無理なく続けられる
  • 一日3食食べないといけない
  • 食事と運動はトレーナーが管理
  • 鶏肉ばっかり食べた

しっかりとトレーナーに管理してもらっていたんですね。

ひたすらたんぱく質を取り、そのほとんどが鶏肉だったそうです。

めちゃくちゃつらかった」「地獄の日々が終わる」と言っていたのでかなりきつかったんですね。

また

成人男性の一日の消費カロリーは1700㎉だからそれ以下になるように
脂質・糖質を抑えればおのずと痩せると

あとは運動と筋トレ

とトークで言っていたようです。

かなり正統派のダイエットを行ったんですね。

いわゆるライザップのような感じではないでしょうか?

なんだかんだでちゃんとしたトレーナーに管理してもらうというのは近道になりそうですよね。

ライザップなんかは完全30日間無条件で返金保証があるのでお試ししてみるのもよさそうですもんね。

今までのカラダを脱ぎ捨てろ![ライザップ]気になるBefor Afterはこちら

ワンダーカレッジでダイエット企画とは?

 

2020/7/1に公開されたワンダーカレッジでダイエット企画が始まりました。

自粛生活を機にNaokiさんがダイエットを始めた一か月後にはまやねんがダイエットに挑戦。

高校時代から30キロほど増えてしまったはまやねん。

はまやねんは5月からダイエットをスタートしたそうです。

当初の体重

ダイエットを始める前はどのような体重だったのでしょうか?

二人の体重は以下の通りでした。

4月 Naoki 81.5kg
5月 はまやねん 94.5kg

当初の目標

Naokiさんは4月の時点で81.5kgを7月末までに72Kg
はまやねんは5月の時点で94.5kgを7月末までに84kg

だったのですが上野山Pによりダイエット目標が甘いといわれてしまいます。

トレーナーのキヨツグさんに確認したところこの目標設定は「中の中」と言っていました。

そこで上野山Pはキヨツグさんに目標を上げるように交渉。

キヨツグさんの試算

目標を中の上にあげたキヨツグさんは以下の通り目標体重を設定しました。

はまやねん 82kg
Naoki 70kg
二人とも当初よりも2kg少ない設定です。

上野山Pの目標設定

ワンダーカレッジのむちゃぶりとしてそれでも納得がいかない上野山Pの指示により以下のように下方修正されました。

Naoki 66キロ
はまやねん 78キロ
これはかなり厳しい設定ですよね。

達成したらご褒美 未達成なら罰ゲーム

達成したらご褒美が欲しいという二人。

「無茶ぶりやめてもらう」という本音を漏らしつつ旅行に行けるというご褒美が付きました。

ご褒美を上げるからには当然罰ゲームも

未達成の場合はバンジージャンプに決定しました。

そこで二人はバンジージャンプを受け入れた上で、達成したら上野山Pのバンジーも追加でということに。

ダイエット結果発表

ダイエット結果発表当日。

本気を出したはまやねんは着ていた服を脱ぎます。

完全に本気モードでした。

靴・腕時計・靴下など脱げるものは脱いで、シャツとパンツのみの姿になっていましたよ。

結果は見事76.9kg達成

Naokiさんは脱ぐこともなく65.7kgと余裕の達成を果たしました。

ネットの反応は!?

はまやねんのダイエットの方法は?!17kg痩せたのはなぜ?まとめ

17kgもやせたはまやねん。

トレーナーをしっかり立ててカロリーを計算しながらきちんと運動や筋トレを行う正統派ダイエットを行ったようです。

3か月で17kgも痩せるって本当にすごいですよね。

動画を見ると本当に痩せたのがよくわかります。

あまり無理なダイエットはリバウンドにつながりますが、このまま痩せ続けられると良いですよね。

ダイエットが続かない方へ/人生を変えるマンツーマントレーニング

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

テレビが大好きな主婦です!

目次
閉じる