キングオブコント2020優勝者予想

キングオブコント2020優勝者予想

キングオブコント2020の優勝者予想をしてみたいと思います。

既に決定している出場者の一覧もご紹介しますね。

2020年9月26日(土)19:00~TBS系列にて放送される「キングオブコント2020」

歴代の優勝者には「東京03」「バイきんぐ」「かまいたち」などが優勝しています。

ファイナリストは全部で10組。

決勝に進出して13代王者が決定します。

キングオブコント2020の優勝者予想はかなり荒れそうです!

毎年シークレット制度で出場者を当日発表していましたが今年は事前開示しています。

今回は4組が初出場で争っていきます。

誰が勝ってもおかしくない!

今回はキングオブコント2020の優勝者予想をしていきたいと思います。

ちょっとずるいのですが今回は2組予想してみました。

どうしても一組に絞れずに。

キングオブコント優勝者予想2組行ってみたいと思います。

歴代優勝者はこちら

https://on-hunt.com/kingogconte-rekidai
目次

キングオブコント優勝者予想 その①

早速ですが、優勝者を予想していきたいと思います。

ずばりニッポンの社長になるのではないかと予想します。

ニッポンの社長の尖ったセンスは抜群で会場を沸かせること間違いなし。

ネタを作っているのは辻さんの方なのですが、センスというか発想が本当に驚かされます。

私の予想になりますがニッポンの社長を優勝者に予想します。

キングオブコント優勝者予想その②

キングオブコント優勝者予想2組目はニューヨークです。

キングオブコント出場者一覧

キングオブコント2020の出場者一覧を見てみましょう。

うるとらブギーズ

  • メンバー■八木崇・佐々木崇博
  • 結成年■2009年
  • 事務所■吉本興業(NSC東京校10期)
  • ネタ作成者■八木崇
  • 同期■オリエンタルラジオ、トレンディエンジェル、はんにゃなど

昨年、初の決勝進出で初の決勝進出で準優勝でした。

佐々木さんのいきごみはこちら

「昨年が準優勝という結果だったので、去年より上にいくには優勝しかないので優勝だけ目指して頑張ります」

八木さんの意気込みはこちら

「最低でも2位」

空気階段

  • メンバー■鈴木 もぐら・水川 かたまり
  • 事務所■吉本興業(NSC東京校17期)
  • 結成年■2012年
  • ネタ作成■水川 かたまり
  • 同期■ラフレクラン、オズワルドなど

水川 かたまりさんの意気込みはこちら

「僕は今年のはじめに結婚しまして、大きな犬を飼ったり、広いベランダがある家に住んだり、幸せな家庭を築きたいので、そのための資金を稼ぎたい。今まで親から1200万円くらい仕送りをもらってきたんですけど、結婚して仕送りをもらうのはダサいので、自力で稼ぐためにも1000万円ほしいです」

もぐらさんの意気込みはこちら

「優勝したら2人で500万円ずつになるので、“ニンジンをぶら下げて”じゃないですが、お金の力も借りて頑張りたいです。僕の場合は借金もありますので、これで一発で返済できたらそれほどいいことはない」

ザ・ギース

  • メンバー■高佐一慈・尾関高文
  • 事務所■ASH&Dコーポレーション
  • 結成年■2004年
  • ネタ作成■両者
  • 同期■かまいたち、はんにゃなど

GAG

  • メンバー■坂本 純一、福井 俊太郎、宮戸 洋行
  • 事務所■吉本興業(NSC大阪校27期)
  • 結成年■2006年
  • ネタ作成者■福井 俊太郎
  • 同期■オリエンタルラジオ、トレンディエンジェル、はんにゃなど

福井さんの意気込みはこちら

「初めて決勝に進出した2017年以降、優勝しか意味がないというくらいの感情が湧いたので、これまで決勝に進出した知識と経験を活かして今年こそは絶対に優勝したい」

坂本さんの意気込みはこちら

「3人の全身のチャクラを解き放ち、運をわしづかみ、『キングオブコント2020』全クリしたいと思います」

宮戸さんの意気込みはこちら

「毎年『今年こそは優勝』と言ってきましたが、4回目の決勝進出にして『今年こそ』という思いが一番強い、というのが3人の総意です。今年こそ優勝したいです!」

ジャルジャル

  • メンバー■福徳秀介、後藤淳平
  • 事務所■吉本興業(NSC大阪校25期)
  • 結成年■2003年
  • ネタ作成■両者
  • 同期■銀シャリ、尾形貴弘(パンサー)、秋山賢太(アキナ)など

実はジャルジャルは13回連続出場なんです。

そのうち決勝進出は4回。

そろそろ優勝させてあげたい気持ちがすごくありますよね。

福徳さんの意気込みはコチラ

「いい加減、結果を出したい」

後藤さんのいきごみはこちらです。

「もういい加減優勝しろ! と自分たちに言いたい」

ジャングルポケット

  • メンバー■斉藤 慎二、おたけ、太田 博久
  • 事務所■吉本興業(NSC東京校12期)
  • 結成年■2006年
  • ネタ作成■太田博久、放送作家
  • 同期■渡辺直美、さらば青春の光

太田さんの意気込みはコチラ

「2年決勝に出れていない。ネタを作ったり話し合ったりする中で、改めて優勝という目標だけを掲げて今年の大会に臨んでいます。今まで以上に優勝にこだわって決勝を戦いたい」

 

おたけさんの意気込みはこちら

「2017年以来の決勝。2年間ずっとぼーっとする生活、腑抜け時間があった。普段はあんまり緊張しないですけど、『キングオブコント』は由緒正しい大会なので緊張しちゃう。それが自分の刺激なのかなと。だから腑抜けていたのかなと。また久々に生きている実感を感じられるのかなと思って幸せです」

 

齋藤さんの意気込みはこちら

「僕もおたけと似ていて正直怖いんです。大会となると1つのミスが致命傷になりかねないという、そういった部分が怖かったですけど、(出場していない年に)決勝を見ていて、変な気持ちが湧いちゃう。うらやましいというか、なんで芸人やってるのにあそこに立ってないんだろうって。言い訳を探している部分があった。ここまで来たらさすがに優勝しないと。出ている意味をずっと模索している中で、長いトンネルを抜けるには優勝だけなのかなと思っています」

滝音

  • メンバー■さすけ、秋定遼太郎
  • 事務所■吉本興業(秋定:NSC大阪校33期、さすけ:NSC大阪校34期)
  • 結成年■2016年
  • ネタ作成■秋定遼太郎
  • 同期■コロコロチキチキペッパーズ、霜降り明星など

秋定さんの意気込みはこちら

「正直、準決勝まで来られたのもラッキーだと思っています。『優勝するぞ!』とみたいので来てない。って言い方があれですけれどもここまで来たら頑張りたい。せっかくやから全国の人に覚えてもらうという足掛かりにしたい。無名のまま10年やってるので、親孝行というか、やっと親も『息子が芸人やってる』って近所に言えるかなと。それが一番うれしかったですね。ちゃんとお笑いやってるって言えるので」

さすけさんの意気込みはこちら

「まだ自信もない。芸人のヒエラルキーの最下層。我々はアルティメットダークホースやな。大阪から来ているほかの2組(ニッポンの社長、ロングコートダディ)は芸人界では面白い私は嫁と子供2人がいて、今まで家族のためにお笑い頑張るというのはなかったんですけど、先々月に『ABCお笑いグランプリ』で決勝に初めて行ったとき誰よりも3歳の娘が喜んでいて。ブロック敗退したときにむちゃくちゃ泣いていた。『キングオブコント』も家族を笑顔にさせるために頑張りたい」

ニッポンの社長

  • メンバー■辻、ケツ
  • 事務所■吉本興業(辻:NSC大阪校32期、ケツ:NSC大阪校33期)
  • 結成年■2013年
  • ネタ作成■辻
  • 同期■コロコロチキチキペッパーズ、霜降り明星など

辻さんの意気込みはこちら

コントを中心にやっているのに決勝に進出したことがなく、コント師だと胸を張って言えなかったので、今回優勝して『自分たちはコント師だ!』と胸を張って言いたいです

ケツさんの意気込みはこちら

相方がネタを全部作っていて、それがめっちゃおもろいと思っています。そのネタをもっと世に出したい、もっと評価してほしいと思っていたので、相方が書く面白いネタをテレビで披露できるという喜びが一番強いです

ニューヨーク

  • メンバー■嶋佐和也、屋敷裕政
  • 事務所■吉本興業(NSC東京校15期)
  • 結成年■2010年
  • ネタ作成■両者
  • 同期■鬼越トマホーク、デニス、おかずクラブなど

ニューヨークも決勝初出場です。

屋敷さんの意気込みはこちら

「決勝ずっと行けなかったので、やっと。一発で(優勝が)獲れたらいいと思います」

「ずっと行きたかった気持ちがあったのでうれしいですね。やっとこのタイミングで行けたなって。行ったからにはバチっとかましたいという気持ちです」

ロングコートダディ

10組目はロングコートダディです。

こちらもキングオブコント決勝初進出となっています。

  • メンバー■堂前透、兎
  • 事務所■吉本興業(NSC大阪校31期)
  • 結成年■2009年(2012年に1度解散し、2013年に再結成)
  • ネタ作成■堂前透
  • 同期■セルライトスパ、インディアンスなど

兎さんの意気込みはこちら

「芸歴12年、ほぼコント一筋でやっていた。去年、初めて準決勝に行けて、それもだいぶ苦労したんですが、『ここから決勝に行くまでもう何年かかるんやろ』、『気を引き締めなあかんな』と思っていたので、ポンポンじゃないですけど今年決勝に行けて。あとはやれるだけのことをやって、全力で楽しめたらいいなと思います。すごい緊張しいなので」

 

堂前さんの意気込みはこちら

「僕は去年の準決勝が終わったあとに『来年は行けるかな』とちょっと思っていたんです。僕は緊張もしないですし、このままの勢いで優勝できたらなと思っています。自信あります」と堂々とした様子で、昨年感じた手ごたえについて「去年準決勝に行った段階で、“顔見せ”的な部分も大事かなと思っていて。大会の関係者やお客さんに対して『面白いぞ』と。それができれば来年は行けるんじゃないかと」

まとめ

今年も楽しそうなメンバーが集まりした。

  • ニッポンの社長
  • ニューヨーク

を優勝者として挙げてみました。

本当に誰が優勝してもおかしくない戦いになると思います。

どんな笑いを見せてくれるのか楽しみですね。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

テレビが大好きな主婦です!

目次
閉じる