【ヒルナンデス】ジューシーなハンバーグを作る裏技ナンバーワンは?

2020/10/1のヒルナンデスでジューシーなハンバーグを作る裏技のナンバーワンを決めるコーナーがありました。

ジューシーなハンバーグを作る裏技の数はなんと21種類。

その中でどれが一番良いのか調査していました。

「ヒルナンデスでプロが選んだジューシーなハンバーグを作る裏技ナンバーワンは?」と題しまして、ヒルナンデスで放送されていたハンバーグのジューシーにする裏技をご紹介します。

目次

ジューシーなハンバーグを作る裏技21種類

テレビや雑誌で紹介されていたジューシーなハンバーグを作る裏技は全部で21種類。

定番のものからアッと驚くものまでたくさんありました。

中にはコーヒーゼリーを入れるなんてものも…

  • タネにマヨネーズを入れる
  • タネに牛脂を加える
  • タネは冷蔵庫で30分寝かせる
  • タネに食パンを加える
  • タネにコーヒーゼリーを入れる
  • タネにコンソメスープが入った氷を包んで焼く
  • パン粉の代わりにお麩を使う
  • コップの底でタネをたたく
  • タネはこねずにざっくり混ぜ合わせる
  • 牛肉と豚肉の比率は1:1
  • 高速で一気に混ぜる
  • 玉ねぎは冷凍してから使う
  • 小麦粉でコーティング
  • パン粉の代わりに高野豆腐
  • 油をひかずに焼く
  • ボウルを冷やしながら寝る
  • 牛豚ひき肉に鶏ひき肉を混ぜる
  • 油で表面をなめらかにする
  • タネに粉末ミルクを入れる
  • タネを冷たいフライパンに載せる
  • タネに氷を入れて練る

全国のハンバーグのプロ30店舗に緊急アンケート!
ジューシーなハンバーグを作る裏技ランキング

4位 手に油をつけタネの表面をなめらかにする 60%

焼いたときにタネが割れて割れるのを防いでくれるんだそうです。

相することで肉汁の流失を防いでくれるんですね。

焼いているときに肉の割れてから肉汁が逃げていくので割れ目があるママ焼き続けるとどんどん縮んでいってボソボソなハンバーグになってしまうんだそうです。

そこで肉汁が外に出るのを防ぐために油でコーティングをして表面を滑らかにするのが大事なんだそうです。

ミンチが手にまとわりつかないので成形しやすいというメリットもあるそうですよ。

4位 肉は冷やして置き高速で一気に混ぜる60%

長時間練ると手の熱で肉の油が溶け出してパサつく原因に。

素早く混ぜることでジューシーになるんだそうですよ。

水分と脂分をタネの中にどれだけ閉じ込めるかが重要になってきます。

なるべく温度を上げないように素早く混ぜてしっかち表面がつながったタネと作るのが大事なんだそうです。

まとまりがあればあるほど焼きやすくしっかりとした触感が得られるんですね。

3位 ボウルを冷やしながらタネを作る 63%

ボウルを冷やすことで肉の油が手の熱によって溶けるのを防げます。

肉の油は一度溶けてしまうとべたっとした感じになるので、お肉全体を冷やしながら溶けないように混ぜ合わせるのがポイントなんだそうですよ。

先ほどの4位のと原理は同じですね。

一般人にはこっちの方が簡単な気がします。

焼き上がりがジューシーになりタネの劣化も防げるんだそうです。

2位 タネに牛脂を加える 76%

牛脂を加えることで肉に脂のうまみが染み込むで肉汁をプラスするのと同じ作用なんだそうです。

切った瞬間に肉汁があふれ出すハンバーグができるようです。

中がふわっとした触感になっておいしいと評判でした。

1位 成形したタネは冷蔵庫で30分寝かせる 80%

溶けかけた脂が冷えてまたお肉に戻るんだそうです。

タネが安定して崩れにくくなり肉汁の流出を防いでくれるようです。

肉に含まれる「アクチン」と「ミオシン」というたんぱく質は肉汁を閉じ込める役割があります。

この2つのたんぱく質は熱に弱いので冷蔵庫で冷やすのが効果的なんだそうですよ。

【ヒルナンデス】ジューシーなハンバーグを作る裏技ナンバーワンは?まとめ

視聴者予想では圧倒的に

「成形したタネは冷蔵庫で30分寝かせる」でしたよ。

【ヒルナンデス】ジューシーなハンバーグを作る裏技ナンバーワンは?ということでナンバーワンの裏技は「成形したタネは冷蔵庫で30分寝かせる」でした。

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

テレビが大好きな主婦です!

目次
閉じる